換金を目的にして列車等の回数券の類を複数枚購入すること●クレジットのキャッシュ化サービスというもの利用せずに、自ら換金目的をもってクレジットカードで購入するということも同様です。現金化する方法を狙ったクレジットショッピングについては、クレジットの契約内容違反になってしまうことが理由です。たくさんの新幹線等の旅券の他切手販売によるクレジットカード使用については、時として換金目的ではないのか??というように警戒されてしまう可能性もありますので、十分気をつけることを要します。それから、利用時点においてキャシング利用可能額が上限となっている場合においては、列車等の切符などを購買しようとするだけでもカードの会社の係から確認の電話が来るケースがあるため、経済状態が悪い時のカード支払いはさせないようになっているのでしょう。お金に窮している時において考える手段は誰でも一緒です。クレジット会社から見て不都合な使用法をしてしまう:だいぶ前に流行っていた『永久不滅』など、カードの発行会社の立場からみて少しもプラスになることのない違反した利用をした場合、クレジットカード発行会社の判断で強制失効となる例などもあるようです。ネットで出回ったクレジットカードポイントの不正な入手など一般に流れていない秘密のやり方などというものが存在したとしても、そのような手段は間違えなくカード会社の規約に反することとなるからどんな理由があってもやらないようにして頂きたいと思います。強制失効の内容については流通する・・・クレカを強制退会させられてしまったとしても違う会社のクレカを問題ないのだから、1枚なら問題ないだろう??という風に考えるあなたは、今の情報化社会にあってはその考え方は信用を消失する可能性もあるのです。そもそも強制退会させられるという状況になると、カードの発行会社から閲覧出来てしまう信用情報というものにそういった内容が記載されることによって登録された人の社会的信用というものが大きく下がる事態もあるのです。ただの1枚であったとしてもクレカを強制失効となった場合その他のクレジットまでも審査が厳しくなる模様ですし、現在持っているカードまで強制退会扱いとなる可能性もあり得るのです。運良く継続使用できる場合も有効期限切れの際に使えなくなると思われる。とにかくくどくど述べたように強制没収させられるような使い方はまずすることがないように、ルールを守ってクレカを利用してほしいと願っています。